一人一人が地域を守る力、長野から

消防団員等公務災害補償等実務研修会を開催しました

 本年度の福利厚生事業の一環として、消防団員等公務災害補償等共済基金及び日本消防協会が行っている、消防団員等公務災害補償・公務災害防止対策・消防団員退職報奨金、消防団員福祉共済・火災共済・個人年金等について、市町村担当者を対象に実務研修会を12月2日(月)に松本市で開催しました。

 令和元年10月の台風19号により、被災された消防団員についても、各種給付金等の対象となる場合がありますので、詳細については、消防団員等公務災害補償等共済基金、日本消防協会、長野県消防協会にお問い合わせください。

 なお、台風19号等で住宅が被災された場合にも対象となる「火災共済」については、加入率が低い状況となっておりますので、是非、多くの団員の皆さんが加入していただきますようご検討をお願いします。

 

◎消防団員公務災害補償等の概要

http://www.syouboukikin.jp/intro/    (消防団員等公務災害補償等共済基金ホームページ)

◎消防団員の福祉共済の概要

https://www.nissho.or.jp/contents/static/shouboufukushi/shoubou-fukushi.html  (日本消防協会ホームページ)

◎消防団員等の火災共済の概要

http://www.shouboujin.or.jp/ (日本消防協会ホームページ)

◎消防団員等の消防個人年金の概要

https://www.nissho.or.jp/contents/static/nenkin/nenkin.html (日本消防協会ホームページ)

  塩川副会長あいさつ

消防団員等公務災害補償等共済基金担当者説明

日本消防協会担当者説明